ぷうごまの日記

都内30代の日々の記録です

お出かけ記録 2021.12

出かけというか、散歩ついでのもぐもぐ記録が多いなあ。

 

豆花

豆花を食べねば、と思い、騒豆花でほうれん草入り葱餅と豆花を。豆花には芋圓が入ってないとね。東京豆花工房の方が台湾感あるかも。

f:id:puugoma:20220122144535j:image

NTL ジェーン・エア

久しぶりのNTL。ちょっと期待と違ったけど、何より世界最高峰の舞台を観れたというのが幸せ。限られた出演者、舞台セットで物語が進む、というのが本当にすごい。

くるみデニ

近所のパンも売ってる和菓子屋さん。サクサクデニッシュにカスタード、くるみが乗ってて、甘さとくるみの香ばしさが最高。

他にもアップルやパインのデニッシュがあって、どれも「アップルデニ」「パインデニ」という名前でかわいかった。

f:id:puugoma:20220122144514j:image

ミキハウス プレママ・プレパパセミナー

ミキハウスのオンラインセミナーは受けたけど、沐浴とか実践していないのが不安で。

抽選当たって良かったー。

豊洲ららぽーとぶらり

映画見たり、フードコート版金子半之助を食べたり、スタバでドーナツやらクリームブリュレラテ&キャラメルアーモンドミルク飲んだり。

カレー

検診帰りにマトン&キーマカレー。ナンが好きで、カレーよりもナンを求めてカレー屋さんに行っている。汗かいちゃうからカレーは一人で食べる派…

f:id:puugoma:20220122144600j:image

キッシュとクロワッサン

お散歩途中にパン屋さんへ。イートインも出来たから、キッシュとクロワッサンを食べて、全粒粉パンはおうち用に。美味しいぃ。

f:id:puugoma:20220122144617j:image

丸の内イルミネーション

今年も夫と行けて嬉しい。いつもなら丸の内エリアのツリー全てを見るけど、今年は数カ所だけに。夫とイルミネーションバックにツーショット撮れて嬉しい。妊婦のぽんぽこりんお腹も写せた。

来年は行幸通りのイルミネーションも再開されますように。

夜ご飯、よく家族で行ってた有楽町のお肉屋さんに夫を連れて行きたくて向かったけど、なくなってた…コロナの影響かな…残念…

f:id:puugoma:20220122144925j:image

京鼎樓

小籠包も食べておかないと出産を頑張れない。魯肉飯、台湾だと小さいお椀で食べるから他のものも色々頼めるのに、日本だと何で丼サイズなんだろう。

f:id:puugoma:20220122145035j:image
f:id:puugoma:20220122145032j:image

出産記念品探し

質の良いものを見たり試すのってなんて楽しいのでしょう。店員さんが色々教えてくれるのも楽しい。

子の指サイズの指輪を作ってネックレスにしようと思ってるから、ネックレス以外で何か欲しいなぁ。時計か、指輪か…

あちこち歩いて少し疲れたから、スタバのホワイトチョコモカ飲んで休憩。マシュマロが入ってて美味しかった〜

バスク風チーズケーキとカフェラテ

近所のカフェ。黒胡椒と塩を添えるチーズケーキ、初めて食べた…美味しい…久々のラテもめちゃくちゃ美味しかった…

f:id:puugoma:20220122144724j:image

産前ラスト美容院

平日昼間なら直前でも予約取れるかな、なんて思ってたらいつもの美容師さんは空きがなかった…!臨月前に行きたかったから、初めてのところで切ってもらった。今年は妊娠してから体調が不安で全然美容院行けなかったな。妊娠後は2回しか行ってないような…

TOEIC前のカフェ

先月のは過去最高点だったものの、もう少しスコアが欲しいから臨月前日に受験。前回より出来た感じがするけど問題が易しかったのかな〜。

今回も早めに行って会場近くのカフェで朝ごはん。産院のそばにあって気になってたカフェにとうとう行けた。

たまごとオリーブオイル乗せのパンドミー、美味しかった〜。あんぱんも追加しちゃった。コーヒー豆にかなりこだわってて、妊娠してなければ通い詰めてたはず。

f:id:puugoma:20220122144757j:image

ガレットランチ

近所の気になってたカフェにやっと行けた。ドライフラワーがたくさんあったり、すごく素敵な店内。チキンも、柿とレモンのガレットも美味。

f:id:puugoma:20220122145359j:imagef:id:puugoma:20220122150152j:image

ブックカフェ

こちらも行きたかったブックカフェへ。本のジャンルも幅広く、ポップがない分、自分で探す楽しみがあった。キャロットケーキ、美味しかったな。

f:id:puugoma:20220122145749j:image

検診帰りのもぐもぐ

牛すじ生姜蕎麦を食べた後に、TOEIC前に行ったカフェを再訪。店主こだわりのりんごを使った、ケーキおいしかった。

f:id:puugoma:20220122150008j:image

クリスマスにタレカツ丼

こないだ丸の内行ったときに行きそびれた、日比谷にある新潟タレカツ丼のお店へ。野菜もお肉もとっても美味しかった〜

f:id:puugoma:20220122161456j:image

 

年内のお出かけはクリスマスで終了。クリスマスディナーは自宅で作って楽しかったな。

2021年、コロナと妊娠であまり出歩けなかったとはいえ、産休入りした11月はコロナが落ち着いていたから結構出歩けて良かった。

2021年に読んだ本

ログのある限りでは41冊読んだ模様。全部記録しておけば良かったー。

f:id:puugoma:20220105095911p:plain

育児系が冊数トップなのは予想通り。
秋に読んだ『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』で、論理やエビデンスばかりではなく文学の素養の大切さも述べられていて、文学もしっかり読まなくては、と年の終わりに焦った。ただ、振り返ると、短編物もあるとはいえ育児系に次いで読んでいた。仕事関連のを1冊も読まずに積読してることにも気付いてしまった…育休中に読む…
去年は育児系を優先してたけど、他にも読みたい本はたくさんあったなぁ。今年もますます育児系に傾倒しそうとはいえ、幅広く読書を楽しみたい。

9月頃にaudiobookを使うようになって、お散歩のともとしていろんな本を読めた(聴けた)のは良かった。12冊をオーディオブックで聴いた。カウントしていないけど東洋経済とかも聞けて気に入っている。audibleの仕様が数年前と変わっていて、聞き放題ありのaudiobookの方が合っていたから今後もaudiobookで楽しみたいかな。

妊娠・育児

やさしく正しい 妊活大事典 吉川雄司 2019
妊娠のことを正しく、二人で共通理解を進めたくて、堅苦しくないけどきちんとした情報源となり得る本として選んだ。期待通りの内容だった。(結果的には夫がすべて読む前に妊娠した)

パパは脳研究者 ~子どもを育てる脳科学~  池谷 裕二 2020
脳科学者だからこそ気付ける子の成長記録が興味深い。月齢ごとに成長記録を付けるの、良いなぁ。しつけの目指す姿とか、実際にどんな声掛けをしていたかとか参考になる。子の月齢に合わせて再読したい。

3000万語の格差――赤ちゃんの脳をつくる、親と保育者の話しかけ ダナ・サスキンド 原著2016
胎教としてどう話しかけたらいいかわからなくて、産んでからも赤ちゃんに何を話したら良いのか不安だったけど、これを読んだら、実況するとか私にもできそうな話し掛けの方法が書いてあって安心した。何より、子と話す日が待ち遠しくなった。

ママたちが非常事態!?: 最新科学で読み解くニッポンの子育て NHKスペシャル取材班 2016
産後メンタルの仕組みをちゃんと理解したくて読んだ本。オキシトシンは愛情にも憎しみにも働くっていうのが面白い。
夫に二人目の母親としての役割を期待するのではなく、異なる性質、役割を持つ二人で育てるのだ、という意識をきちんと持っていきたい。

ふたりは同時に親になる: 産後の「ずれ」の処方箋 狩野さやか 2019
タイトルが私の目標としてる2人の形そのもの。男女双方の心や立場、上手くやるコツが書かれていて、産後も隙あらば読み直したい。知識はあっても上手くいかないケース全てを経験しそうで、苦しくなった…
夫にも読んでもらいたいなぁ

赤ちゃん寝かしつけの新常識 ソフィア・アクセルロッド
ねんトレも色々な流儀があるけど、著者が睡眠科学者でエビデンスベースのこの本をベースに進めたい。あれこれ細かい指定はなくて、始めやすそうな感じがしている。

私、子ども欲しいかもしれない。 犬山紙子 2017
子を持つことや持たないこと、子育てについて犬山さんの周りの方へのインタビュー本。さすがエッセイストだけあって読み易い。
友達同士でも少し聞きづらい妊娠や子育ての考え方や実感を一冊で何人分も知ることができて面白かった。

こうしておれは父になる(のか) 本人 2019
男性視点での妊娠、出産、育児の実録。言葉選びが面白くて、声を出して笑ってしまうほど。出産や育児は「なるほど…」と思うことも多くて、後半になるに従い真剣モードで読み切った。夫も読んでくれた。
夫の気持ちを理解したくて、男性視点のエッセイ系を数冊読んだが、こちらが一番沁みた。

笑いのスペシャリスト9人に学ぶ 父勉と子育て
子持ち芸人の子育てインタビュー集。夫の行為にありがとうと伝えるのを忘れないようにしよう。
他人と比べない、子ども扱いしない、勉強でも何でも楽しませるなど参考にしたい。

男コピーライター、育休をとる 魚返洋平 2019
料理ができないことを申し訳なく感じていたようだけど、何が料理を阻むのかぶっちゃけて欲しかった…

母脳 母と子のための脳科学 黒川伊保子 2017
斜め読み。人工知能エンジニアだった著者(恐らく約25年前に出産)の子育て本。脳科学ベースの育児本を期待していたが、御子息への愛が溢れた育児のコツといった印象。
テーマを持って愛情深く育て上げた、というところは見習いたいかな。

文芸・小説

彼岸花が咲く島 李琴峰
芥川賞受賞とのことで読んでみた。沖縄や台湾の文化を題材にしているのかな。言葉の扱い方が独特で、性別による役割の違う島の生活が、一部実在してたのかな、と思わせる。

三体 劉 慈欣
ずっと気になっていて、セールの時に3冊まとめ買い。とても面白くて引き込まれていったけど、だんだん理系的な理解が追い付かなくて話の大筋しか掴めず、1冊目で離脱してしまった…。無念すぎる。
詳細を理解できていないなりにもすごく楽しめたから、映像化されれば多少はわかるのでは、と映像化を心待ちにしている。

たゆたえども沈まず 原田マハ
ゴッホと弟テオ、パリの日本人画商たちの物語。史実と創作が混ざった作品。
林忠正という日本人画商がパリに実在したことすら知らなかったが、ビジネスライクな彼が実は最もゴッホ兄弟を理解し支えていたことに心打たれた。

愛がなんだ 角田光代
彼から連絡が来るかもしれないから、という前提で動いてしまうところ、昔の私にもあったなぁ、と懐かしくなってしまった。葉子やすみれの視点でも読みたい。きっと彼女達も精一杯“自分らしく”振る舞っているんだと思う。

総理の夫 First Gentleman 原田マハ
社会や他者のために突き進める政治家って素敵だよねぇ。こうやって相手を思いやれる夫婦って素敵だよねぇ。

半沢直樹 アルルカンと道化師 池井戸潤
家にあったから読んでみた。池井戸作品を初めて読んだけど、説明が冗長な感じがした。ストーリーとしては半沢らしくて面白かった。

舞姫 森鴎外
audiobookで。学生時代ぶりの読み(聞き)直し。明治の文語を文字でなく音で聞くのは最初ちょっと慣れなかったけど、段々美しいなと感じた。特にエリスとの出会いの描写。仕事と恋愛っていつの時代も揺れるもんだわ。

高瀬舟 森鴎外
安楽死や「足るを知る」を考えさせられる話。足るを知る喜助がもし弟のように病気だったら、近くに支えがいるという現実だけに満足できたのかな。喜助の弟は満足できなかったから健康を求めたし、それが叶わないから死を求めたのでは。

途上 谷崎潤一郎
サラリーマンと探偵の会話劇。audiobookで聴いて良かった。演劇でも観てみたい。

クリスマスキャロル チャールズ・ディケンズ
クリスマス前に聴いた。完全にお話を忘れていたけど、仕事以外にも目を向けてより善く生きよう、と思うきっかけって貴重だよね。
これから童話も子とたくさん読めるのが楽しみ。

IT

スマホ依存から脳を守る 中山秀紀 2020
依存の仕組みや歴史(酒、覚醒剤も)も学べて面白かった。 不快(依存物の不使用)を我慢し続けることは、快楽(依存物の使用)を我慢することよりも困難ということ、依存物を適切に使い続ける難易度の高さは肝に銘じないと。

スマホ依存の親が子どもを壊す 諸富 祥彦 2016
親がスマホを見続ける、怒鳴る、気まぐれな子育てをすると、子に愛着、自己肯定感が形成されず、どんな影響が出るのか学べた。自己抑制の中枢は生後3年足らずで発達を期待できなくなるそう。今の教育現場は大変そうだな…

スマホ脳 アンデシュ・ハンセン(Anders Hansen) 
めっちゃ面白かった。読んだ当時はtwitterは見る専門だったけど、その後呟くようになって、無縁だと思っていた承認欲求に気づいてしまったのも思い出。もう一回読んで要約作っておきたい。

やばいデジタル “現実”が飲み込まれる日 NHKスペシャル取材班 2020
フェイクに惑わされないためには一次情報へのアクセス必須だよね、と改めて感じた。検索履歴やスマホの情報で自分のことなど丸裸ってのは想像できるけど、実際の検証事例はやっぱり面白かった。

オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る オードリー・タン 2021
audibleのみの配信だったのかな。コロナ対策で脚光を浴び、日本のIT系イベントにもたくさん出ていたオードリーさんの生い立ちや、台湾でのITの活かし方の実例が話されていて面白かった。こういうリーダー欲しい。

社会

世界のニュースを日本人は何も知らない2 - 未曽有の危機の大狂乱 - 谷本真由美 2020
海外=すごい、と一辺倒に思い込んじゃだめだよね、と再認識させてくれる本。

世界でバカにされる日本人 - 今すぐ知っておきたい本当のこと - 谷本真由美 2018
日本人は身近な人には丁寧だけど、他人には失礼(駅や店員、街中での振る舞いとか)というのは本当にそう思う。私も内と外で確かに違いあるかも…と猛省…

清華大生が見た 最先端社会、中国のリアル 夏目英男 2020
色々あるはいえ、勢いのある国で生きてみたい。

住宅

マイホームは価値ある中古マンションを買いなさい! 日下部理絵 2019
家を買うときに「お金で損したくない人」が読む本 千日太郎 2018
家を買いたくなったら 令和版 長谷川高 2019
家、欲しい。

美容・健康

メイクを変えればあなたが変わる 一生モノのメイク術 TOMOMI
美容意識高めたくなったらまた読もうかな。

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由 Testosterone,久保孝史 2018
audiobookで聞いたら、シュワちゃんの吹替声優さんがナレーターとのことで、アツい読み方で笑いそうに。筋トレは心身の健康、生産性向上、予防医療になって最高!

思想

ミライの授業 瀧本哲史 2016
偉人達はどんな視点や考え方、仲間をもっていたのか。その法則は未来を作る。
14歳向けの講義の本だけど、何歳の人が読んでもわくわくすると思う。子どもの頃、偉人伝って興味なかったけど瀧本さんの切り口だと面白い。瀧本さんの本、もっともっと読みたかった。

7日間で突然頭がよくなる本 PHP文庫
「幸せとは」「90分とは」「考えるとは」とかを端的に表現する練習をして頭の体操になった。いつも同じ型で分析しがちだから、色んな論理パターンで物事を掴むクセをつけたい。久々に哲学に触れた。

芸術

世界のビジネスエリートは知っている ルーブルに学ぶ美術の教養 木村泰司 2020
読書メモがない…。もう一度読もうかな。

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?~経営における「アート」と「サイエンス」~  山口周 2017
VUCA時代では論理だけでなく美意識=真善美も使おうという話。客観•主観的な真善美の対比(真:論理/直感 善:法律/倫理道徳 美:市場調査/自分の美意識) やマツダの美意識の事例が面白かった

・芸術系だと他に美術検定関係の本も読んだ(というか眺めた)。出産前に4級だけ受けようと思っていたけど、気づけば臨月だ。

政治

世界史で学べ!地政学 茂木誠 2018
地政学面白いな~。米中日ロを詳しく学びたくなった。(けど、育児系の本を優先してしまい読めていない…)

マンガ

大奥
ついに最終巻が出るといういことでまとめ買い。面白かった…。1巻が出たときは高校生だったなぁ。通学の電車や授業中、何度も集中して読んでたなぁ。。最後まで書き上げてくださってありがとうございました、の気持ち。

読書記録の付け方

今のところ、このやり方が合ってるかなー。

紙の本なら付箋、kindleならメモやハイライトで心に響いたところを残す

twitterで簡単に感想メモ

知識として残したいものはevenoteで要約作成

 

2022年も本を楽しむぞ〜

お出かけ記録 2021.11

11月は産休に入ったこともありたくさん出掛けた〜!

新宿御苑の紅葉

お弁当を買って、青空の下ピクニック。気持ちよかった〜。子連れファミリーも多くて、次来る時は我が子を遊ばせたいな、と思いを馳せながら秋色満喫散歩。
植物園では「ここは南米!」「ここは沖縄!」と自分を思わせて旅行気分を偽装。
チケット売り場がやや混んでたけど、その場でオンライン購入でちょこっと安く買えた。

f:id:puugoma:20211128132259j:image

台湾豆乳大王で朝ごはん

台湾にいる気持ちで食べたけど、台湾に行きたい欲が増すばかりだった。

f:id:puugoma:20211121212032j:image

スタバのジョイフルメドレー

台湾豆乳大王はあんまり長居する場ではなさそうだったから、九段下駅前のスタバへ。ジョイフルメドレーデビュー。美味しい。ハッピーなマンデーとなりました。

f:id:puugoma:20211121211913j:image

スタバを出てすぐの駅前で、久々にBIGISSUEを買った。最新号ではなく、ダニエル・クレイグが表紙のを選んだら、「この号、人気なんですよねえ」とのこと。ですよね。

資生堂メイクレッスン

習ったメイクをしてお出掛けをしたい!

puugoma.hatenablog.com

教文館 ハウス・オブ・クリスマス

去年手作りしたフレッシュグリーンのリース、保管状態が良くなかったのか「ドライにしました!」とは言い難いお姿になっていたから新調。レースの飾りや、おまけでコインもゲット。大きいツリーを買ったらオーナメントもここで集めたいな〜

f:id:puugoma:20211128224715j:image

ハウス・オブ・クリスマス|教文館

神宮外苑イチョウ並木

毎年来てるので今年も。シェイクシャックでスモークベーコンのバーガーとポテト買って、イチョウの下でもぐもぐ。

f:id:puugoma:20211128132403j:image

豊川稲荷

お参りするところが何箇所も詰まっている寺院。お財布に入れておくとお金が貯まるといわれる融通金を頂いた。

f:id:puugoma:20211202142406j:image

ここのお茶屋さんのうどんや蕎麦が気になってるのに今回もお腹いっぱいで食べられず。

紀尾井町ぶらり

ガーデンテラスのイルミネーションはまだ始まってなかった。クラシックハウスの前までぶらり。アフタヌーンティーはあんまり惹かれないタイプだけど、カフェ行ってみたいな〜

f:id:puugoma:20211128132519j:image

自由学園明日館

存在すら知らなかったのだけど、大正時代の素敵な女学校の校舎をゆっくり見学できて楽しかった。

puugoma.hatenablog.com

出産記念ご褒美探し

腕時計をいくつか試着。どれも美しい…

N響定演

ファビオ・ルイージ指揮 ブルックナー ロマンチック@芸劇
コロナ禍以来初めての生オケ…!嬉しい…。普通の演奏会だと妊婦故に体力が持つかちょっと心配だったけど、あっという間で全く問題なかった。

開演前にブルックナーの弦5演奏もあって、美しさからか久々の生の音楽に触れた感激からなのか涙が。ロマンチックも始まったら涙が。。お腹の子も楽しいのか、寝させろ!なのかはわからないけどよく動いていた。どんなに良いスピーカーでも生の響きや振動、ステージと客席の熱量は伝わらないもんね。本当に良い時間だった〜。

指揮者のルイージさんは来季から首席指揮者だそう。会場の照明が明るくなっても鳴り止まない拍手👏
次回生の音楽を聴けるのは産後かな。

友人が我が家に

お出かけしてもらった。コロナ禍で同棲を始め、結婚し、コロナを気にして慎重に慎重に生きてきたから、人様をお招きするのは今回が初めて。たくさんお祝いしてもらって久しぶりにおしゃべりしまくって本当に楽しい一日だった。

実家へ帰省

里帰り出産はしないから、出歩けるうちにしばしの帰省。すぐに帰れる距離だけど、1週間近く泊まるのはいつぶりだろう。家でのんびりしたり、地元の美味しいレストランに行ったり、親とたくさん話せて良かった。

f:id:puugoma:20211202142128j:image
結婚して初めての良い夫婦の日を実家で過ごしてしまった。良い夫婦の先輩である両親を間近で見られたから良しとしよう。

5泊6日の実家帰省の所感つれづれ
・3食美味しいもの食べられるって最高
・親と話すの楽しい
・食洗機と乾燥機はやはり欲しい
・紙の新聞購読したい
・紙の本やCDが大量にある環境ってやっぱりいいな

TOEIC

これはお出かけか?5,6年ぶりの受験。初めて受けたiBTではやたら良いスコアが出たけどほんちゃんはどうだろう。

午前の回ってことを言い訳に、久々のコーヒーで頭を目覚めさせ、チョコチャンククッキーで血糖値上げて良き朝。来月も申込はしたけど臨月直前。受けられるかなぁ。

f:id:puugoma:20211128130819j:image

新大久保ぶらり

若い子の街…!学生っぽい子がたくさん。いまは何がブームなのかしら。駅前は混んでたけど、ちょっと歩けば人もまばらに。

久々に参鶏湯をハンヤンで。コロナ前は職場付近で月1参鶏湯ランチを自分ルールにしてたなぁ。

f:id:puugoma:20211128150239j:image

ランチの後はソウル市場ではじめてのお買い物。キンパとかのお惣菜やコリアンっぽいお菓子とか買ってみたいと思ってたのに、活気に圧倒されなぜかレトルトの参鶏湯とソルロンタンを買って退散。

ガレット@初台

大阪出張時代に何度か行ったレストランの方がお勧めしてくれたガレット屋さんにやっと行けた〜。

f:id:puugoma:20211202134106j:image
かぶと京人参のポタージュ、メークインをトッピングにしたグリュイエールチーズとハムのガレット(トッピングたくさん乗せれば良かった…。)、キャラメルソースのかかったデザートガレット。
フランス人シェフが作っていて、これが本場の味なのかな。美味しかった。

大阪のレストランはこちら。一人だったから品数多くは頼めなかったけど、ガレットもワインも美味しかったな。また行きたい…

foujita | 大阪府福島区・ガレットと河内鴨のお料理、ビオワインのお店

16タイプカラー診断&顔タイプ診断

資生堂のに続き、自分を客観視できるとっても良い機会だった。おしゃれをしてお出かけをしたい!

puugoma.hatenablog.com

ご近所ぶらり

フレンチビストロや2年ぶりの焼肉を食べて幸せ。所謂リベンジ消費というやつ。評判の良いラーメン屋に初めて行ったらとっても美味しく、1週間に2回も行ったり、毎朝のお散歩コース途中にオープンしたパン屋も美味しくて、ついつい買ってしまう。お気に入りパティスリーでもケーキ、クッキー、パイを買ったり、よく食べた1ヶ月だった。妊娠9か月、一か月で0.9kg増で済んだのは毎日の散歩のおかげかな。

グルメ以外にも近所のアロマオイルスパで顔のみ施術を。薄々気付いていたけど、仕事中に歯を食いしばりがちな限界OLだったせいかゴリゴリに凝っていると…左ばかりの噛み癖もあるから気をつけよーっと。

お出かけのおとも

・イハダのスプレー
花粉症の鼻炎が楽になる。

・台湾スタバの水筒
台湾の友人から貰った水筒を何年も愛用中。コロナ前は客先、出張、旅行、土日のお出掛けといつも使ってた。コロナ後は妊婦検診くらいしか出番がなかったけど、またお出掛けできるようになっておともに復帰。温かいものは温かく、冷たいものは冷たいまま飲みたい。
そして台湾スタバっていつもかわいい。
星巴克| Starbucks Taiwan

・Miles
すべての移動がポイントになって、アマギフとかに換えられるアプリ。1,000円ギフト=45,000マイル…徒歩は還元率高いとはいえ、程遠い。

www.getmiles.com

 

コロナが流行り始めて完全在宅勤務となった2020.3以降、こんなにお出かけした日々はなかったな。ほぼ全てお一人様のお出かけだったけどあちこち楽しめた。12月はいよいよ臨月を迎えて、あんまりお出かけできないかも。せめてご近所カフェを楽しみたいな。

16タイプPC診断と顔タイプ診断を受けてきた

出産前に自分にお金と時間を掛けたい欲を満たすため、資生堂のメイクレッスンに続き、16タイプパーソナルカラー診断と顔タイプ診断に行ってきた!
妊娠で体重が増え、丸顔に拍車が掛かってるから今行くのはどうかなぁ、と思いつつも、産後は忙しいだろうし、体重戻しても丸顔は丸顔のままだろうし、と思い、時間のある今のうちに。

顔タイプ

正面と横顔の写真を撮ってもらって、8タイプの中から診断してもらった。

f:id:puugoma:20211201104755p:plain

https://kaotype.jp/kaotype/ より

丸顔、子ども顔だからキュートだろうな、パーツが大きめだからアクティブキュート寄りかもな、ファッション好みじゃないんだよな…と思ってたら、曲線と直線ミックスのフレッシュだった〜。「25kgくらい増えたらキュートになるかも」とのことで、そんなに増量することはないと信じたい。

一番予想外だったのは丸顔の象徴と思っているこの頬が直線と診断されたこと。いやぁ、このむちむちほっぺ、曲線じゃないのかい。でも確かに、ふっくらまんまるほっぺではないかもしれない。目も切れ長や涼しげな目とは正反対だから曲線かと思いきや、赤ちゃんのようなまん丸さや垂れ目だと曲線扱いだそうだ。口は厚みがあってやはりこれは曲線らしい。(「マスク外すと印象が変わる」と言われたけど、どういう意味だったんだろう…)

顔タイプが判明した後は、顔タイプごとに合うファッションがまとまった資料を基に、自分の顔タイプ、好きなファッションのタイプ両方からポイントや合わせるコツを教えてもらった。各アイテム(印象、トップス、ボトムス、ワンピース、アウター、柄、バッグ、靴、アクセサリー、帽子、髪型、服のブランド、と大充実…!)ごとに教えてもらって、とっっても勉強になった。

好きなファッションとしてはクールカジュアルとフレッシュで、しかもクールカジュアルの中でもあんまり好きじゃないのはフレッシュには似合わないものだらけだった。合うファッションと好みのファッションと合致していて嬉しかった。

仕事やきちんとした格好をしたいときはソフトエレガントを意識すると良いとのこと。こちらも好みのファッションだから取り入れやすそう。

16タイプパーソナルカラー診断

資生堂のレッスンでは1st春、2nd夏、と言われたけど、今回は8:2でwarm sprng : warm atumn、brightも行けるよ、とのこと。色相環だとライト。

f:id:puugoma:20211201182029j:plain

https://www.sikiken.co.jp/pccs/pccs04.html より

2ndが前回と異なるのは、明るさを大事と取ればsummerだけど、今回は黄味があったほうが良いとのことでautumnとなったみたい。ただ、頂いたカラーシートを見ても、springもautumnもその中でも薄い色が得意なようで、色相環を見ても、素人的にはいまいちwarm感がわからなかった…。でも、ほぼspring、springど真ん中、とのことだったから、springだけを意識して、ポイントはくすんでいない明るい色、ということを押さえて生きてゆく。

診断の後は、PCに合ったアイテム(アクセサリー、髪色、ベースメイク、アイメイク、チーク、リップ)のカラーを教わった。
さらに、デパコス、プチプラと幅広くぴったりなメイクアイテムの紹介があった。買いに行きたいが、メイクする機会が減りそうな今、買うか迷う…

お土産

・自分の顔タイプ、好きなファッションの顔タイプのファッションのポイント資料
・PCに合ったメイクのアドバイスシート
・カラーシート(30×4シーズンの中から、似合う色に✓あり)
・似合うドレープ(写真撮影)
・似合うコスメ(写真撮影)

感想

ファッションもメイクも、明るく、淡く、クリア、シンプル、コントラスト弱め、を意識すると決意した。

ファッションの傾向としては好きなものと合うものが合致していたけど、色が合っていなかったんだな、と学んだ。これからは明るい色を纏う!PCと顔タイプを同時に受けられたから、「フレッシュのファッションの中でもこういう色の組み合わせは特に得意、これは苦手」と教えてもらえるのが良かった。
また、全身でのトータルバランスというのを意識するコツが少し分かったかもしれない。必ずしも全アイテム・メイクを自分のタイプに合う型にはめなくて良い。私の場合はコントラスト強めの服はタイプとしては合わないけど、それなら服の形はシンプルなものを選ぶ、アイラインを抜いてコントラストを弱める、とかで全体のバランスを見て、ベストな型から離れすぎないようにすると良いみたい。なるほど…

それから、PCの2ndが前回とズレがあった点は、むしろ良かったかな、と思う。というのも、人によってより良いと判断する色味に違いがあるということは、暖かみを強調させたいときは黄みを意識すれば良いし、明るさを出したいときはsummerの色味を意識すれば良いのかな、と感じられたから。

学生の頃はファッションやメイクが楽しくて色んなことを試していたけど、段々「無難に、目立たないように…」「あれこれ考えるのめんどくさい…」「私が洒落込んだところで…」って思いがちになってた。ファッション誌も全く読まなくなった。でも、今回と資生堂のレッスンで、纏う色によって顔色って本当に変わることを実感できたり、素敵な自分になりたい、って思えるようになった。はぁ、おしゃれしてお出掛けしたい。

それにしても、PCは間違いなく秋だと思ってたし、顔タイプはPC以上に確固たる自信を持ってキュート/アクキュだと思ってた過去の私…自分の客観視をまっっったく出来てない…

骨格は、ウェーブだと、思うんだ…

自由学園明日館で大正建築の学校を見学してきた

自由学園 明日館、ゆったり見学できる素敵なところだった。

自由学園とは

自分の娘を入れたいと思える学校がないから、自分たちで学校を作った、という羽仁もと子、吉一夫妻が1921年に池袋に建てた女学校。羽仁もと子さんは日本女性初のジャーナリスト、婦人之友社を設立した方だそう。設計は帝国ホテルを建てた建築家フランク・ロイド・ライトと、その助手 遠藤新。

生徒が増え、開校から10数年で学校は移転。ただしこの校舎は関東大震災第二次世界大戦でも被害を免れ、卒業生が使用したり、戦後は税務署としても使われていた。1997年に国の重要文化財に指定されてから改修工事が行われ、今では「動態保存」という形で、見学だけでなく、コンサートや結婚式、市民講座の会場としても使われている。見学に行った日もオカリナの練習や市民講座で使われていた。当時も音楽の授業があったらこうやって校内に響いていたのかなぁ。

重要文化財 自由学園明日館

講堂

池袋駅から歩いて5分強。住宅街の中のくねくねした道(江戸時代の地図にも書かれている道だとか)の先にあって少し迷った。チケット購入後、まずは講堂を見学。ピアノの調弦中で、この後コンサートの予定が入ってたのかな。

f:id:puugoma:20211122230730j:image f:id:puugoma:20211122230808j:image

f:id:puugoma:20211122230834j:image

窓の建具が素敵…
ここで演奏会や結婚式を開いているそう。良いなぁ~。

明日館

外観はクリーム色と緑色、中に入るとこげ茶が加わって暖かい雰囲気
f:id:puugoma:20211122232724j:image

出入り口は、外と中で段差がない。光が上からも差し込んで綺麗
f:id:puugoma:20211122234228j:image

通路の窓の建具も素敵
f:id:puugoma:20211122232242j:image

小さめの教室
f:id:puugoma:20211122232615j:image

壁一面が窓ガラスのホール
ホールに入るまでの通路の天井を低く、ホールに入ると一気に天井を高くすることで広さを感じられるようにしたそう。
f:id:puugoma:20211122232612j:image

建物の外縁沿いではなく内側に暖炉を作るのもライト建築の特徴の一つで、夜間の見学時には火を灯すとか。見てみたいなぁ。両脇の六角椅子は子どもサイズで可愛らしい。f:id:puugoma:20211122233911j:image

カフェ

喫茶付きのチケットでは、2階のカフェで焼き菓子とコーヒーか紅茶を頂ける。

f:id:puugoma:20211122233601j:image

学校として使われていたときはここが食堂で、300人の生徒と先生がお昼を食べていたとのこと。生徒数が増加し、バルコニーを改築して食堂のスペースを広げたそう。

f:id:puugoma:20211122233727j:image
この日の焼菓子は優しい味のパウンドケーキ。マダムとムッシューが数組いるのみで、静かに過ごせる良き喫茶でした。

ガイド

自由学園の歴史や建築の見どころを学べる30分くらいのガイドも聞いてきた。今はコロナ対策で、ぞろぞろ歩いて回らず、教室での解説。この日は特に人数が少なく、一緒に聞いたのは5,6人のみ。
解説の後は、学校として使われていた当時の20分くらいの映像も鑑賞できた。生活と勉強が直結していて、毎日の給食を学生自身が計画、調達、調理、片付け、お金の管理までしていたりなかなか面白そうな学校だった。
ガイドも動画も、パンフレットには載っていない情報がたくさんあって、おすすめ。

ショップ

特徴的な建築をモチーフにしたポストカードなどの学校グッズや、キリスト教系の学校だったからかクリスマスの飾りもたくさんあった。(教文館で買ったのと同じリースや飾りもあった!) 赤ちゃんの服やおもちゃも売っていて、つい買いたくなってしまう…

f:id:puugoma:20211122233754j:image

ガイドの時間に合わせて行って、全部で2時間くらい過ごしたかな。

日によって見学できる範囲や時間が異なるから、サイトで見学カレンダーを確認してから行くのがおすすめです。

資生堂のメイクレッスンとパーソナルカラー診断を受けてきた

出産前に自分に時間もお金も掛けたい、きれいになりたい欲が高まり中で、資生堂ゴールデンバランス&パーソナルカラーレッスンを受けてきた。
5年前(!)に予約が取れたものの、仕事で行けなくなりキャンセル。その後は美容意識の低下やなんやかんやで受けておらず、産休入り初日に行ってきた。コロナ禍でこのレッスンは中止していたようだけど、たまたま再開のお知らせを見かけて、予約再開日にweb予約成功。マスク時のメイク版もあるのが時代だな。
こういう診断/レッスン系はコロナ前に受けた花王 Beauty Power Lessonぶり…

分析項目や結果、感想をつらつらと。

カウンセリング

学びたいことや、普段使うメイクアイテムなどを記入

スキンケア

自前メイク、メイクオフ後のすっぴんを撮影後にスキンケア。おすすめの商品や使い方を教えてくれる。

バランス分析

すっぴんで撮影した写真から3項目で分析

  • 顔立ち
    直線⇔曲線、顔が(多分横幅と比較して)長い⇔短い、の4分割で診断。予想通り「キュート・かわいらしい」
  • 肌色
    頬と首の色から診断。黄みと赤みのバランスが良い肌色。ファンデーションは平均色でOK
  • プロポーション
    • 額~あご先、眉~あご先、眉、目、鼻の位置、口の幅はほぼゴールデンバランス
    • 口の位置がやや低い
    • 目と目の間隔が広い
    • 顔立ちは曲線が多く若々しい印象だが、パーツは顔の下に寄っているわけではない。配置はほぼゴールデンバランスで大人っぽい印象
パーソナルカラー分析
  • パーソナルカラーは「自分が主役になれる色」
  • 顔の色、手のひら、手の甲、顔、瞳、髪質からイエベ、ブルベ両方を持っているとのこと。(手のひら、手の甲が黄みよりも白っぽい、瞳や髪色が明るい、クマに青みあり、皮膚が薄い、髪にツヤあり)
  • ピンク、ブルー、グリーン、イエロー系のドレープを当ててどれが似合うかそれぞれ順位付けした結果、1st spring、2nd summer。
  • 色合わせで、winterは絶対にない(色に負けてる)、autumnは顔がぼやっとくすんで見えるから違うな、とわかるけど、springとsummerは両方いける。springだと瞳の輝きが増し、summerだと肌が白く見えた。カウンセラーさんからspringの暖かみがあったほうが良い、とのことで1stはspringに。
  • マットよりツヤが似合う。
メイクレッスン

子ども顔だが、年相応に大人な印象になりたい、などと伝えたところ、「顔立ちはキュートだけど、パーツ同士の配置は好バランスで大人っぽいのでそれを生かしましょう。」とのこと。その方針でレッスン開始。バランス分析とパーソナルカラーを踏まえながら、パーツごとにおすすめのカラーやツール、使い方を教えてくれる。そんな技が!という発見もあった。

  • ベースメイク
  • くま
  • アイブロウ
  • アイライン
  • アイシャドウ
  • まつげ
  • リップ
  • ハイライトとシェーディング
  • チーク (元のパーツのバランスを生かす方針で使わなかったが、使う場合のおすすめの入れ方を教えてもらった。)
仕上がり
  • 来店時の自前化粧時と、レッスン後の姿の写真を比べて比較
  • 綺麗にお化粧してます感が出た
  • ファンデの色、眉の色が合っていて肌色が明るく。
  • シェーディング効果か広い額がやや狭く見える
  • 眉の書き方やアイシャドウの塗り方をほんの少し変えただけで、狭めの眉〜目の距離広く見える(むしろ広い方で狭めるべきだと思っていた)
  • 目元のグラデーション、まつげがきれい
  • リップの塗り方を変えると、知的な印象に変わる
欲しいコスメ

使ったもののなかで欲しいのはこちら。アイライナーは落とすのが手間に感じてしまうから、カジャル…だけ買うかなあ。

コロナ対策

都内の感染者は30人以下が続き、一桁の日もある時期に行けた。
入店時に手首と首元での体温確認、各部屋に空気清浄機、扉は少し開けたまま、カウンセラーさんはマスク/フェイスシールド/手袋で対応。

お土産

f:id:puugoma:20211116214550j:image

  • パーソナルカラーの診断結果 (各シーズンの色見本と、1stの結果に合う洋服・靴アクセの素材、ヘアカラーのおすすめ等の記載あり)
  • ゴールデンバランスの診断結果 (画面で見せてくれた、目だけでの6項目くらいの診断結果は含まれず)
  • 自前メイク顔とレッスン後のbefore/after写真
  • メイクのアドバイスシート(カウンセラーさんがレッスン中に作成してくれる。わかりやすい。)
  • 使用した化粧品の品名、品番リスト
  • 使用した化粧品のカタログ (基礎化粧品の付け方の解説がありがたい!)
  • SHISEIDO THE STORE内のカフェの1,000円チケット (静かでおしゃれで良さそう)
  • SHISEIDO THE STORE内のお店のサンプルチケット
感想
  • 全般
    • スキンケア〜メイクアップまで、通しで学べるのが楽しい。試せるお品もたくさんあって(さすが資生堂)、綺麗に整列されてるのを見るだけでも気分が上がる

    • 自覚してたこと、予想外だったこと、予想もしていなかったことが明らかになって面白い

  • カウンセラーさん最高
    • スキンケアやメイクのタッチが気持ち良い
    • 仕上がりが本当に美しい。ど素人の私とは雲泥の差
    • 対応が気持ち良い。見た目はもちろん美しく、声や話し方もちょうど良く、わかりやすい説明、理解できてるか質問がないかの確認、室温や喉の渇きの確認などなど、さすが…
    • めっっちゃ褒めてもらえる。顔立ちやメイクの出来、とにかく褒めてもらえる。もちろんリップサービス込みだとは分かっていてもこんなに褒めてもらえることはない。気分が落ち込んだ時用に突っ込みは入れずに全てメモっとく。
      • 顔が小さい
      • 口の形が完璧。血色も良い
      • 顔立ちは若々しい印象(子ども顔、とは言わないのが嬉しい)だが、話し方や振る舞いは上品
      • 眉サロン行ってます?
      • (事あるごとに)そのままを活かして良い
      • 上手に出来てる
      • 鼻の毛穴がない
  • ゴールデンバランス
    • ゴールデンバランスはあくまで理論で(日本人の標準的なバランスを集めたものって言ってたかな)、そこからずれているところが個性とのこと。ずれている=不美人、ではない。完璧なゴールデンバランスで作られた顔写真は感じは良いが、美人かというと違うし、無個性ってことかな、と感じた。
    • とはいえ、資生堂の分析項目・観点上では各パーツの配置はほぼゴールデンバランスというのが子ども顔というコンプレックスが和らいだ気持ちになれて嬉しかった。
  •  パーソナルカラー
    • 写真付きのPC診断レポを読んでも合う色がよくわからなくて、自分には色を見るセンスがないんだ…と思っていたけど、いざ自分が診断してもらうと無事わかって安心した。
    • 絶対にautumnだと思っていたから驚き。服もautumn寄りのくすんだ色を選びがちだったけど、もしかして顔色が悪く見えがちだったのはリアルに血行が悪いのに加えてPCに合っていない色を着ていたからなのかも。くすんだ色って、世間(特に男性の多い職場)に馴染む感じがして選びやすいんだけどな。私の見えてる世界がくすんでいるのか…でも、明るい色が合うと知ることができたから、これからは積極的に明るい色を選んでいきたい!明るい色かぁ〜、なんだか嬉しい。
    • グリーン系の色合わせでエメラルドだと瞳の輝きが増すと言われ、出産記念一生ものジュエリーor時計選び中の身としてはエメラルドのピアスやネックレスが候補に急浮上。
  • メイクレッスン
    • 顔半分をカウンセラーさんが、もう片方を自分でやる、とのことで、じっと見守られているのかと思いきや、お手本実演の後はレッスンシートに書き込んでくれてて、私がやってる間はガン見ではなく、仕上がりを確認してくれる。要所要所では見守っててくれるけど、ずっと見られてるわけではないから少し気楽かも。でも基本がない上に動きを覚えるのが不得手過ぎる私は逐一聞いていた…(そのせいか20〜30分オーバーしてしまった)
    • スキンケアやベースメイクは、普段と同じアイテムが良いか、他のものを試してみるか聞いてくれる。アイシャドウやリップなどは診断結果からピックアップされたコスメの中から、自分で選ぶスタイル。せっかくだから普段使わないものも選択してみた。(アイラインはキャットラインでお願いしたけど、アイライン初心者だし普通の(?)引き方を学んでも良かったかも)
    • 当たり前だけど、カウンセリングシートに書かず、ゴールデンバランスで数値化されない箇所は学べない。そりゃそうだ。鼻の幅がコンプレックスなのにカウンセリングシートに書き忘れ、ゴールデンバランスでは鼻の位置は計られるけど幅は数値化対象外で、レッスン中もすっかり聞き忘れていた。ただ、思い出しもしなかったのは他の箇所の学びが多くて楽しかったからこそ。カウンセリングシートに書き忘れた目と目の幅については、数値化されていたからばっちり聞けた。
  • やっぱり肌そのものを綺麗にしたい。綺麗なメイクは綺麗な肌があってこそだなぁ

今度、16タイプのカラー診断と顔タイプ診断を受ける予定。診断系のお楽しみは続く。

妊娠初期から5か月目までの記録

忘れないうちに初めての妊娠の記録を。

 

2か月(2021.5)

妊娠発覚

4wに検査薬で陽性。基礎体温を付けていて高温期が続いていたことと、ひたすらに眠い日があったりして、妊娠かな、と思っていたので、喜びよりも先に「やっぱりそうだよね」と感じた。翌日念のためもう一度検査をした。

病院で検査

病院で検査してもらえる5wまで待って、通っていた婦人科へ。正常な妊娠と確認されて、一安心。検査薬で陽性が出ても、子宮外妊娠の場合もあることを妊娠するまで知らなかった。
この時にはすでに悪阻で気持ち悪くなっていたけど、先生に「今のは序の口で、これからもっと来るよ~」と言われ、ちょっと不安に。

病院の後に本屋でマタニティの本を一冊購入。行きの電車移動が辛く、帰りはタクシーに乗ったらタクシーも酔ってしまい辛かった…。

はじめてママ&パパの妊娠・出産 (実用No.1シリーズ)

 
夫に報告

病院へ行った日、夫に妊娠を報告。「え!ほんとに!!」と喜んでくれて嬉しかった。年齢を気にしていた私がプレッシャーを掛けてしまっていたこともあり、夫は夫なりに不安だったようで安心していた模様。直前に生理周期が乱れてしまったこともあり、いつ頃に出来たらいいね、と話していた時期より少し早くて、夫はどう思うかなと少し心配だったけど、喜んでいる姿を見て私も妊娠の喜びがどっと来た。

いつも朝ごはんは私が用意しているけど、報告の翌日は私を起こさずに自分でやってくれて、「さっそく行動に変化が…!」と感激した。

仕事と体調

気持ち悪さで仕事ができず、親よりも先に上司に7wで報告…すぐに業務調整をしてくれた。いまの上司は、以前長期の出張で心身共にしんどくなり、音を上げた時もその場で今日で出張終了、と調整してくれた。本当に感謝しきれない。

3か月(2021.6)

母子手帳と妊婦面談

母子手帳を区役所で受け取った。ただ、役所でも具合が悪くなってしまい、横になれる場所はないとのことで普通のソファで座って休んでいたら、役所常駐の保健師さんが様子を見に来てくれた。もう、ほんとに、ありがとうございます…。

その日は妊婦面談を受ける体力がなかったので、後日に。手続きの概要を聞いたり、色々な資料、区からのお祝いを受け取ったり。お役所はやはり紙文化で、ミスなく漏れなくやっていけるか不安。

体調

腹痛と気持ち悪さが続く。悪阻にも種類があるのを知らなかったけど、私は食べ悪阻だった。何か口に含んでいないと気持ち悪く、食べたら食べたで気持ち悪さが押し寄せる。

PCを見ていると酔う感じが強く、気持ち悪さで仕事にならないので母健連絡カードを貰い、1週間の傷病休暇を取った。ただただベッドで横になっていた。

腹痛が何時間も続いた日があって、痛みと不安で号泣した。本を読んでもネットで調べても病院に行くべきか判断できず、まだ親にも伝えていなくて誰にも相談もできず、不安で不安で仕方なかった。

ちょっとした出血も不安で、都の妊娠相談ホットラインを思い出したころには受付時間が過ぎていて、結局翌朝に病院へ行った。なんともなかった。(いま思えば茶おりだったのかもしれない。)

家事(特に料理中)をしているときの腹痛や、夜は過呼吸気味になるのがしんどかった。夫とスーパーに買い物に行ったら貧血を起こしたのもこの頃だったかな。

メンタル

ホルモンバランスの影響とわかっていても、何もなくても涙が出る、家のことも仕事も、のんびり過ごそうと読書でもしたいけどそれもできない無力さが辛く、しょっちゅう泣いていた。赤ちゃんはちゃんと元気なのか、親としてしっかり育てられるのか考え出すと不安でたまらなかった。

妊娠するまでは「性別はどっちがいいな」とか「習い事や学校はどういうところが良いかな」とか考えると楽しかったけど(今も教育はよく考えるけど)、実際に妊娠すると、「元気にお腹の中で育って生まれて来てくれればそれで良い…。お願いだから元気で…」という気持ちになった。元気に育ってください。

体調も心も崩しっぱなしで「私って元からこういうタイプだったのかも。快活では決してないし」なんて思い始めてた。

食事

よく聞く、炊き立てのお米がダメとか、マックのポテトを欲するとかは妊娠8か月の今現在でも一度もない。夫が買ってきてくれる蒟蒻ゼリーを食べまくる日々。あと、自分で作る料理がまずくて仕方なかった。オイスターソースとか味噌汁のきのこ類がちょっと苦手になった。

言葉にしないと伝わらないだろうから、「何もできないくらいお腹が痛い。ご飯は作るか買うかして」と伝えた。多分、美味しいものを、と思ってデパ地下で買ってきてくれたけど、これがこのまま続くと家計が…と内心焦ったり、何を食べたいか伝えないと買えないタイプで、体調悪い中あれこれ指示を出すのはきつかった。人に何かを依頼するって難しい。二人の関係・コミュニケーションの取り方を改めないとな、と思った。

ただ、私が蒟蒻ゼリーなら進んで食べると知ると、たくさん買ってきてくれたり、毎晩背中さすってくれたり、伝えれば優しさいっぱいで応じてくれる人で良かった。

SNSの有難み

あまりにも初期で周りに相談しづらい中、SNS経験談や芸能人のYouTubeをよく見ていた。もちろん医学的な根拠に基づいた情報こそ大事だけれど、「お腹というか恥骨の方まで痛いのって変なのかな」「こんなメンタルぐずぐずなの、変かな」とかちょっとした不安にはインターネットの先の方々の声が温かかった。
SNSがない時代だったら、孤独と不安でどうにかなってしまっていそう…

4か月(2021.7)

妊婦検診開始

12wから妊婦検診がスタート。心音を聞けて感激した。こんなに速いのか、と驚き。
次の検診まで1か月も開くとは知らなくて、毎週行って元気か確認したい…と思った。
胎児用の心音計を買おうかとも思ったが、心音が聞こえない時もあるようでそうなったときの自分のメンタルを案じて、購入は保留に。

親へ報告

12wを過ぎ、親へ報告した。喜んでくれた。里帰りはしないつもりだったけど、親の意向や希望もあるだろうから、相談してみた。すぐに実家近くの産院の予約状況や何週までに帰らないといけないかとかを聞いてくれた。結局、里帰りはせず、親がこちらに通ってくれることになった。

里帰りする、しない?

元々、コロナがなくても里帰りをするつもりはなかった。

・親レベルを夫と一緒に上げたい

産休育休はあるとはいえ、女性だけでの子育てはしたくないし、男性にも育児主担当としての意識を持ってほしい。

・子の成長を一緒に見たい

里帰りをすると産後一カ月は実家で、仮に毎週末に夫が様子を見に来ても我が子の成長を日々見られないのはかわいそうだと思っている。これは、私が第二子を考えていないからこそ強く思うのかもしれない。

・夫と数カ月離れるのが嫌だ

新婚だし、二人きりの時間をまだまだ大切にしたい。

一方で、里帰りをすることのメリットももちろん捨て難く、迷った。でもやはり私は上記の思いが強く、里帰りをしない決断をした。

といっても、母が毎週通ってくれると言うし、義母は近所在住だから選べた選択かな。

マタニティウェア

レギンスとブラを購入。ブラはベルメゾン授乳ブラ。全然苦しくなくて買い足した。

検診や買い物で外に行くときは元々持ってたワンピースにレギンス、家では夫のUNIQLOのステテコを拝借。

妊娠線予防

無印のスウィートアーモンドオイルを使い始める。体質に依るんだろうな、と思いつつも、全身の乾燥対策にも使えるし、と購入。けっこう塗り忘れる。妊娠8か月の今、まだ妊娠線は出て来てない(と思う。)

久しぶりの美容院

少しずつ体調が良い時間が増えてきて、数か月ぶりに美容院に行けた。つわり中は、約束の時間を守る自信も、1時間ほど体調良くいられる自信もなく、ひきこもるしかなかった…久しぶりに夫以外の人と話せて気分転換にもなった。

耳が変…?

時々耳が詰まるような、声が籠もるような感じが。「水入ったのかなー。しばらく続くなら耳鼻科行った方が良いのかなー。」と思いつつ、放置。(後に妊娠の影響と知る。)

5か月(2021.8)

安産祈願

コロナ感染者が増えていて、平日とはいえ行くかどうか前日まで迷った。
水天宮にて戌の日に朝イチの回で祈祷して頂き、「どうぞお守りください…!私も守り抜きます…!」という気持ちでいっぱいになった。ご祈祷中、夫は外で待つしかなかったけど、そのあと久々に2人でのお出掛けを満喫できた。

壁に飾り棚を付けて、授与品の数々を飾って「〇〇(胎児名)神宮」と呼んで時々拝んでいる。

f:id:puugoma:20211110122119j:image

メンタル

コロナで家族ともずっと会えていない、結婚関係の諸々も予定すら立てられないことがずっと気掛かりで、親にも申し訳ない気持ちだった。そんな状況で妊娠して、出産する頃の状況はわからないけど、産後に親に来てもらう=移動させてしまうことは危険なのではないか、と、自分の選択が正しいのかわからなくなった。

コロナ1年目(2020)は、とにかく罹らないことが重要で、家族や友人とも会わずにいることが自分にとっても相手にとっても最善と思って、そうできた。実際、夫と人の多いところに出かけるとすごく不安で、ここから逃げなきゃ、と思ってしまうほどだった。
だけど、こうも長期化して、さらに妊娠で今後の家族との付き合いを考えると、人と会わないことが最重要で最優先としてきた自分の軸がぐらぐらと揺れた。

夫に不安な気持ちを伝えて、里帰りするのかしないのか、もう一度考えた。それでもやっぱり里帰りせずにこっちで産もう、と決断。

体調

悪阻が落ち着いてきた。体重があまり増えていなくて少し不安だったけど、医師から「無理して食べなくて大丈夫」と言われた。元気になってきたこともあり、無理せずとも本来の食い意地が帰ってきて、けっこう食べていた。

胎動?

お腹がうにょうにょと動くような、小さい魚が跳ねるような感覚があった。空腹でお腹が動く感じとも違うけど、これは胎動なのか…?と自分でもよくわからない。はっきりわかるようになって、夫も感じられる日が来るのが楽しみ。

出生前診断どうする?

通院している産科で相談したり(当時はわかっていなかったが、医師ではなく助産師に相談していた。)、日本産婦人科学会の指針や、検査可能な病院の資料などを読んだ。夫とは少し前に受けない、ということで整理がついた気でいたけど、受けられる期限が迫る頃に念のため確認したら、考えたい、と…。最終的には受けないことになった。夫の考えを知ることが出来て、良い機会になった。話し合いを通して、赤ちゃんを大切に思う気持ちがさらに強くなった。

コロナのワクチン

13wで1回目、16wで2回目を接種。夫は私よりも早く打ち終わっていたので、一旦は安心。

英米の研究結果や、厚労省の見解をチェックしていたから、接種券が届き次第すぐに予約をした。8月の供給不足が起きる前に滑り込めて幸運だった。

日々の過ごし方

悪阻はだいぶマシになったものの、在宅勤務でMTGがなかったり手が空くとついゴロゴロしたり、午後は眠気に負けたり…。
土日も、暑いしコロナだし、ということでゴロゴロとオリンピックを見まくる日々。
暑いしコロナだし妊婦だし、ということで、ネットスーパーを利用するようになったのもこの頃。

振り返ってみて

初期は毎日ひたすら横になっていたように記憶していたけど、色々なことを感じたり考えたり調べた日々だった。記録残せて一安心。

最初はやっぱり心身ともに異常事態だったけど、5か月になると体調も落ち着いてきたり、何より夫と安産祈願でお出かけできたのが楽しかった。夫から「顔が変わった。お母さんの顔なのかな」と言われるようになったのもこの頃。(丸くなったせいかも?)